読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    楽譜を演奏することと「代替されることの恐怖」

    音楽

    2013年12月14日

    楽譜を演奏するための練習というのがあまり好きでなくて、考えていたのですが、一つ、見えてきたものがありまして、「代替されることの恐怖」ですね。

    アナリーゼでき、演奏技術があれば、自分でなくてもよいという。演奏者としての恐怖がいつもそこにあるのです。

    だから、即興演奏するし、それを楽譜に書くことはない。分析されて代替されることの恐怖だからです。

     

     

    楽典―理論と実習

    楽典―理論と実習

     
    いちばん親切な楽典入門 CD付

    いちばん親切な楽典入門 CD付