アルジャーノンに花束を

    アルジャーノンに花束をの作者が死んだようだ。私が死んで花束を手向けてくれる人はどれくらいいるだろうかと考えると絶望的な気分になる