動物化するポストモダン オタクから見た日本社会


    2014年になっても色褪せることはない。自分にとっては。興味深い内容だった